家族葬吹田

あなたは、吹田市内の葬儀屋さんで家族葬を予定している人ですよね?

 

私も先日、家族葬なるものを出した一人なのです。

 

私も、一昨年に父、今年は母を亡くしまして‥‥。

 

父の時は普通の葬式(一般葬っていうらしい)にしたのですが、これがいろんな意味でくたびれてまいましてね‥‥。

 

だから、母の葬式は、ごく近い親族だけの家族葬にしてもらったんです。

 

その家族葬をやってくれる吹田の葬儀屋を探してくれたのが、3つの葬儀屋紹介サービスやったんです。

 

まあ、3つすべてに依頼をだせば、吹田で一つぐらい良い葬儀屋を見つけてくれるやろ、という計算やったんですが。。。

 

私が葬儀屋紹介サービスを使うにいたった経緯はどうでもいいでしょうから後まわしにして、先に3サービスの詳細を明らかにしておきますね。
       ↓↓↓

家族葬のファミーユ

 

 

家族葬を主力プランにしているようですね。

 

家族葬を、「料金が安く済む小さい葬式」ではなく、ご遺族の希望を尊重した、ご遺族や故人を主人公とする葬儀と捉えているそうです。

 

家族葬 各プランの特色

オリジナルプラン 故人の生前における嗜好や趣味に沿わせた家族葬プラン。120万円ぐらい。病院、警察署へのご遺体おむかえもあり。
5つのセットプラン 葬式に必要なものを一式セットにした家族葬プラン。40万円〜120万円。10名〜20名の参列を想定している。病院、警察署へのご遺体おむかえもあり。

 

電話相談や資料請求だけじゃなく、ちゃんとファミーユのスタッフと対面相談することもできるらしいですよ。

 

急ぎの遺体搬送、通夜、葬式、火葬にも全力で対応してもらえるようです。

 

遺体搬送は、依頼してから迎えの車が到着するまで1時間〜1時間30分ほどだそうです。

 

≫公式サイトがわかりやすいですよ。

ふり出しにもどる

 

いい葬儀

 

 

葬儀プランごとのおおよその費用

家族葬

全国平均127万円

直葬(火葬式)

大阪平均20万円前後

一日葬(通夜なし、100名参列)

全国平均100〜120万円

一般葬(100名参列)

全国平均120〜160万円

 

警察や病院から安置先までご遺体を搬送するだけでも引きうけてくれるそうですよ。

 

病院は、ご遺体を一泊安置するだけでも代金をとりますから、できるだけ早くご遺体搬送をすべきですからね。

 

遺体搬送を依頼してからお迎えの車両が到着するまで、だいたい1時間〜1時間半だそうです。

 

遺体搬送で発生する料金

搬送距離10km

15400円

搬送距離150km(だいたい吹田〜天橋立)

およそ68,000円

搬送距離400km(だいたい吹田〜富士山)

およそ198,000円

搬送距離600km(だいたい吹田〜博多)

およそ500,000円

 

≫公式サイトがわかりやすいですよ。

 

ふり出しにもどる

 

小さなお葬式 

 

 

プランごとの特徴。

プラン名 葬儀会場 参列者の人数 金額(税込み)

小さな家族葬(通夜 告別式 火葬)

公式サイト中ほどで郵便番号検索して出てくる葬儀場

30名ぐらい

488,000円

小さな一日葬(告別式 火葬)

公式サイト中ほどで郵便番号検索したら出てくる葬儀場

15名ぐらい

338,000円

小さな一般葬(通夜 告別式 火葬)

公式サイト中ほどで郵便番号検索して出てくる葬儀場

100名ぐらいまで

638,000円

小さなお別れ葬(火葬のみ 仏具なし)

火葬場

親族だけ

140,000円

小さな火葬式(火葬のみ 仏具あり)

火葬場

親族だけ

188,000円

 

急ぎの遺体搬送を依頼すると、警察署や病院にお迎えの車両が到着するのが早くて30分、アベレージで1時間後だそうです。

 

吹田市に住民票がある人は、吹田市内にある火葬場で小さなお別れ葬をやれば、14万で足りるみたいですよ。

 

小さな火葬式→お棺の小窓を開いての故人との対面は基本的に不可ですが、最後にどうしても故人の顔が見たいならば、対面相談可能らしいです。

 

小さなお別れ葬→お棺の小窓を開いての故人との対面はいっさいできません。最後にどうしても故人の顔が見たいならば、追加料金を払って小さな火葬式に格上げしなければならないのだそうです。

 

≫公式サイトがわかりやすいですよ。

ふり出しにもどる

葬儀屋紹介サービスを使うにいたった経緯

とうぜん私かって、葬儀屋紹介サービスを使う決心をする前に、家族葬を手がける吹田市内の葬儀屋さんをいろいろ調べましたよ。
↓↓↓

葬儀屋の名

どちらにあります?

家族葬の費用

詳しい情報

公益社 吹田会館

大阪府吹田市内本町1-21-3

89万円〜

詳しい情報

紅葉山会館

大阪府吹田市元町27−3

62万円〜

詳しい情報

千里万博葬儀会館吹田葬儀ホール・本館

大阪府吹田市青葉丘北5番14

30万円〜

詳しい情報

千里玉泉院

大阪府吹田市津雲台7丁目7番

100万円前後

詳しい情報

千の風吹田式場

大阪府吹田市岸部中4-2-11

59万9000円〜

詳しい情報

みせん会館(彌山会館より極めて小さい葬儀場)

大阪府吹田市内本町1丁目9-9

49万8000円〜

詳しい情報

彌山会館

大阪府吹田市内本町1丁目9-10

100万円〜

詳しい情報

マエダ会館

大阪府吹田市東御旅町3番2号

80万円〜

詳しい情報

吹田市内の葬儀屋さんは、どこも家族葬に対応していましたね。

 

私が家族葬を希望した理由は、父のときに一般葬をだし、諸事にくたびれたこと。

 

例えば、参列者に料理や酒をだしたり、香典の返しをしたり‥‥。けっこう大変やったんです(´ヘ`;)

 

身内だけの葬式(家族葬)なら、雑事に悩まずにすむと思ったし、親族だけでゆっくり母を見送れるとも思いましたし。

 

ましてや一般葬にくらべれば、まちがいなく家族葬のほうが費用も安く済みそうでしたし。

 

私は、母が長くないと知ってスグ家族葬を調べはじめたので、吹田の葬儀屋さん(上記一覧表)とたくさん対話できました。

 

そこで感じたのは、以下の2つ。

 

@家族葬といいながら、吹田の葬儀屋主導で式が進みそう。

 

A費用(上記一覧表)は最低限必要な金額であって、モロモロ追加されると、けっこう高額になりそう。

 

私は、故人と遺族の意向が大切にしてもらえる家族葬が希望でした。文字どおり我々家族が主役となる家族葬です。

 

それに、母との最後をごく親しい親族だけでゆっくり過ごしたかったですし。

 

だから、@はあんまりいいイメージはしませんでした。

 

Aについても、費用に関して吹田の葬儀屋さんが言ってることがわかりづらくて‥‥。不明朗というんですかね?なんか、払わなくていいお金まで払わされるイメージがしたのです(;´Д`)

 

けっきょく自分では、吹田のどの葬儀屋で家族葬をやるべきか判断がつかなかったわけです。

 

だから、次に私は、世間の人々がどうやって使う葬儀屋を決定しているのか?を調べにかかりました。

 

すると、圧倒的に多かったのが、葬儀屋紹介サービスにお願いするという意見だったのです。

 

私は、ナルホドと思いましたね。

 

葬儀屋紹介サービスにお願いさえすれば、自分で葬儀屋に足を運んだり、電話したり、あれこれ悩んだりすることなく、希望に沿った葬儀屋をさっさと探してきてくれるわけですから。。。

 

かなり手間ヒマが省けましたから、うれしくて仕方ありませんでしたよ。最初から、葬儀屋紹介サービスを使っとけば話が早かったのに。。。

 

おかげで、葬式でありながら笑いも起こるような、親族だけの葬式ならではの明るい雰囲気で母を天国に送りだすことができました。まさに、私が望んでいた葬儀のやり方でしたからね( ̄^ ̄)ゞ

 

もしあなたが吹田市内で家族葬を希望するならば、私が見つけた3つの葬儀屋紹介サービスを使ってみてくださいね。

 

3つのサービスに頼んでおけば、何かしら都合のいい葬儀屋さんを見つけてきてくれるやろうと思いますよ!

ふり出しにもどる

吹田市内 家族葬に対応する葬儀屋。

葬儀屋の名

どちらにあります?

テレフォン番号

詳しい情報

公益社 吹田会館

大阪府吹田市内本町1-21-3

0663820043

詳しい情報

公益社 江坂会館

大阪府吹田市豊津町16-13

0663106401

詳しい情報

公益社 千里会館

大阪府吹田市桃山台5-3-10

0668320034

詳しい情報

公益社 千里山田会館

大阪府吹田市津雲台7-6-1

0668359000

詳しい情報

紅葉山会館

大阪府吹田市元町27−3

0663823442

詳しい情報

千里万博葬儀会館吹田葬儀ホール・本館

大阪府吹田市青葉丘北5番14

0668770042

詳しい情報

千里万博葬儀会館吹田アイ家族葬ホール

大阪府吹田市高浜町8-4

0663824444

詳しい情報

千里玉泉院

大阪府吹田市津雲台7丁目7番

0668329988

詳しい情報

千の風吹田式場

大阪府吹田市岸部中4-2-11

0120997541

詳しい情報

みせん会館(彌山会館より極めて小さい葬儀場)

大阪府吹田市内本町1丁目9-9

0120580556

詳しい情報

彌山会館

大阪府吹田市内本町1丁目9-10

0120580556

詳しい情報

マエダ会館

大阪府吹田市東御旅町3番2号

0120580556

詳しい情報

ふり出しにもどる

 

ついで。 吹田市内 ペットの葬儀屋。

ペット葬儀屋の名

どちらにあります?

テレフォン番号

詳しい情報

吹田動物霊園

大阪府吹田市岸部南1丁目5-14

0648609669

詳しい情報

ワールド・ハート

大阪府吹田市五月が丘南28−6

0120956659

詳しい情報

あいわペットセレモニー

大阪府大阪市北区豊崎3丁目20番10号 大明ビル9階903(本社は大阪市内だが、吹田市対応)

0120882806

詳しい情報

ペット葬儀本舗

大阪府大阪市北区東天満1-12-11大北ビル(本社は大阪市内だが、吹田市にも対応)

0120849940

詳しい情報

さくらペットセレモニー

大阪府大阪市神山町10-13-502(本社は大阪市内だが、吹田市にも対応)

0120241194

詳しい情報

関西ペット訪問セレモニー大阪エリアオフィス

大阪府大阪市鶴見区横堤2-15-10(本社は大阪市内だが、吹田市対応)

0120939506

詳しい情報

大阪犬友社

大阪府大阪市淀川区西中島3-12-15 新大阪龍馬ビル7階(本社は大阪市内だが、吹田市対応)

0120463470

詳しい情報

大阪ペット霊園社

大阪府大阪市旭区高殿7-7-10(本社は大阪市内だが、吹田市対応)

0120414279

詳しい情報

こころみたすペット思い出セレモニー

大阪府豊中市豊南町南6-1-1 ココロニアビル(本社は豊中だが、吹田市対応)

0663368828

詳しい情報

ひらかた動物霊園

大阪府枚方市穂谷475番地(本社は枚方だが、吹田市対応)

0728080833

詳しい情報

京阪ペットセレモニー

大阪府大東市寺川3-2-2(本社は大東市だが、吹田市対応)

0120634194

詳しい情報

アストロペットメモリアル

東京都武蔵村山市神明1-96-1(本社は東京だが、吹田市対応)

0425637055

詳しい情報

ジャパンペットセレモニー

東京都世田谷区上馬4-30-1(本社は東京だが、吹田市対応)

0357794195

詳しい情報

関西ペット訪問セレモニー兵庫エリアオフィス

兵庫県宝塚市米谷2-13-15(本社は宝塚だが、吹田市対応)

0120939506

詳しい情報

 

密葬と家族葬 違い

 

最近はやりのお葬式スタイルである家族葬は、しばしば密葬というお葬式スタイルとややこしく混同されることもあります。

 

しかしながら、実際に両者の間には、大きな違いのようなものなどないようですね。

 

そもそも密葬というお葬式スタイルは、我が日本社会においてけっこう古くからある葬儀言葉でありまして、故人様の身内様だけで内々にひっそりと行う地味めな葬儀スタイルのことであります。

 

この密葬という控え目なお葬式スタイルは後日、身内ではないその他の多くの方にあらかじめのお知らせをして、改めて本葬を行うということも可能性として十分にあったりしますね。

 

しかし上記の密葬は、日本葬儀社会において、必ずしも本葬とセットで行わなければならない、ということでもないようですね。

 

その一方、今流行りである家族葬というお葬式スタイルも、故人様の身内様が葬儀の中心的立場となって、故人様をこの世からあの世へとお送りいたします。

 

また、家族葬というお葬式スタイルは、それ自体が「葬儀・告別式」となるわけであります。

 

起業したオーナー経営者の社葬など、故人様の遺族様を中心的立場に据えつつ家族葬を行った後に、日を改めて故人様とのお別れの会を行うことはたしかにあります。

 

が、日本葬儀社会の一般常識的には、故人様の遺族様や特に親しかった方々だけで控えめに家族葬を行った後、改めてその他大勢の参列者を招いて本葬を行うなどということはまずありませんね。

 

日本葬儀社会でささやかれがちな一説では、故人様の身内様だけで内々にひっそりと密葬を終えたというお知らせを受けた故人様の関係者の方が、その後故人様の本葬があるのかどうかわからないと困るということから、家族葬という今流行りのお葬式言葉が日本葬儀社会で生まれたのではないのか?ともいわれているわけであります。

 

なお、最近の日本葬儀社会における目立った傾向といたしましては、故人様の遺族様や特に親しかった方々だけで控えめに家族葬を行った後になって、故人様のその他関係者を招いてのお別れ会を開くようなケースも、徐々にではありますが増えているようであります。

 

このお別れ会というものは、故人様のご遺族様だけでなく、故人様のご友人など、故人様と親しかった方々が中心となって開く場合も多く見られ、お別れ会の会場やお別れ会の演出におきましても、葬儀社のプロが段取りする本気の葬儀と比べて、やたらと自由度が高くなっているのが特徴なのであります。

 

危篤の一報

 

だいたい危篤の一報というものは、危篤に陥っている本人様が一目でもかまわないから面会したいという相手に対して届くものでありましょう。

 

もしくは、危篤に陥っている本人様のご家族様が、危篤に陥っている本人様に一目でもかまわないから面会してやって欲しい、と願っている相手とかに届くものですよね。

 

とにかく、危篤の一報を受けたあなた様は、何をおいても、着の身着のままでも構いませんから、猛ダッシュで危篤現場に駆けつけるようにしましょう!

 

って言っても、慌ててはいけませんよ!

 

『何をおいても、着の身着のままでも構いませんから、猛ダッシュで危篤現場に駆けつける』といっても、危篤現場がどこなのか分からなかったら、情けない顔してオロオロするばかりで何の話にもなりません。

 

だから、危篤の一方を受けた時はまず落ちついて、危篤現場の現住所や、相手ご家族様の連絡先などをキッチリ確保しておかなければなりません。まあ、当たり前なんですけども。。。

 

ただ、『何をおいても、着の身着のままでも構いませんから、猛ダッシュで危篤現場に駆けつける』といっても、遠方から危篤現場へ駆けつけんとする場合においては、有事に備えて喪服を準備していきましょう。

 

この場合、準備した喪服は間違っても危篤現場にぶら下げていってはダメですからね!

 

当たり前です、危篤だとはいえ、ご本人様はまだ亡くなったというわけではないのですから。

 

ご本人様がまだ亡くなってもいないところに喪服持参で参上でもしたら、危篤に陥っているご本人様のご家族様は何て思われるか、少しぐらい頭を働かせて考えなくてはダメなのです。頭だけじゃなく、気も使うようにしてくださいね!

 

まあ、危篤の一報を受けて遠方から馳せ参じた時にはすでに、ご本人様が危篤状態から死亡状態に移行してしまっていたとすれば、喪服持参でご本人様の危篤現場に参上したとしても結果オーライという話にはなるのです。

 

ですが、危篤現場を目指して遠方から急行するような場合、基本的に結果オーライ的な考え方はもっての他なのであります。最悪の場合、ご本人様のご家族様から人格を疑われてしまう恐れもありますから、くれぐれも気をつけましょう。

 

そして、危篤状態であっても死亡状態であっても、対面が済んだら、長居することなくさっさと退席することが望まれます。

 

やはり、ご家族様の心情なども考慮しないとダメですからね。

 

逝去の一報

 

もし電話で、どなたかの逝去の一報が入ったならば、あなたはまずキッチリと葬式の場所や日時を確認しておきましょうね。

 

そして同時に、葬式の宗派や宗教も確認しておくと良いでしょう。

 

しかしこの時、故人様の死因をご遺族様に尋ねるのはマナー違反というものであります。

 

そもそも電話先にて、あまりにも多くの質問をご遺族様に浴びせてしまうと、ご遺族様にとっては相当な精神的負担となってしまうことが予想されます。

 

やはり、電話の向こうでご心痛あそばされるご遺族様に対しての質問は、最小限度にとどめておくというのが分別ある大人の心得というものでありましょう。

 

そして、どなたかの逝去の一報を受けたあなたは、もし故人様が自身にとっての親しい人や近親者であるならば、できるだけ早く弔問に馳せ参じるべきですね。

 

まあ、故人様がもし親しくとも何ともない他人同然の間柄であれば、逝去の一報を受けたスグ後を敬遠して、お通夜当日か葬儀当日に足を運べばよいでしょう。

 

そりゃ、あなたにとって故人様は親しくとも何ともない他人同然の間柄なのかもしれませんが、葬儀に足を運ぶのであれば、ちゃんと香典を持って行かなければダメですよ!

 

マジメな話、人様の葬儀に手ぶらで行くほど感じの悪いことはありませんからね。。。

 

もちろん、いくら故人様が親しくとも何ともない他人同然の間柄であったとしても、弔問先が自宅のスグ近くであれば素早く行動を起こし、お悔やみぐらいは言いに行くのが大人のマナーというものであります。

 

もし、自分の家族が遠くに単身赴任している時や遠くに出張している時に、どなたかの逝去の一報が届くようなことがあれば、葬儀に出席できるか否かを、遠方にいる本人まで電光石火のスピードで確認するようにしましょう。

 

もし、遠くに単身赴任していたり遠くに出張していたりする本人が、不本意にも葬儀への出席を断念するような事態になれば、どなたかご家族が本人の代理で葬儀に出席することも想定しておかなければならないでしょうね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

更新履歴